HomeAboutMeArticlesDiaryModelViewerLinksContact

Karamba3D ver1.2 のアップデート内容

03 November, 2016 - 1 min read - Tags: Karamba3D,Grasshopper,構造とデジタル

久しぶりの更新となるので、この間の期間に Karamba3D がどう変わった確認します。 ver が 1.1 から 1.2.2 となったので、公式サイト 記載の情報を確認します。

この期間に ver1.1.0 → ver1.2.1 → ver1.2.2 となったので、それぞれについて書いていきます。

ver1.1.0 → ver1.2.1

  • 新しいソルバーによって解析が約 2 倍早くなり、より少ないメモリできるようになった。
  • BESOShell  コンポーネントでシェル構造での双方向の ESO が可能
  • シェルの等高線で等高線の値を表示
  • 断面力を正と負の値で2色で表示
  • AnalyzeThI と AnalyzeThII コンポーネントで剛体変形する場合、マイナスの固有値を持つ場合エラーメッセージを出力
  • Deformation Energy コンポーネントで、曲げおよび軸変形エネルギーを計算している要素はそれぞれの ID を通して選択可能
  • Utilization コンポーネントで梁要素、トラス要素で応力度を出力
  • RStab8 への出力機能を追加
  • karamba のモデルを grasshopper の Move コンポーネント Scale コンポーネントで操作可能
  • 荷重、材料、断面で未使用のものがある場合、Assemble コンポーネントでエラーメッセージを出力
  • karamba.ini ファイルによるカスタマイズ項目が増加

ver1.2.1 → ver1.2.2

  • 断面力が変形後の形に合わせて出力
  • BESOShell コンポーネントのユーザーインターフェイスが改善
  • 内部ひずみによるプレストレス荷重の機能をより直観的に変更

解析が早く軽くなることは、最適化やるにあたって非常に助かる改善ですね。

© 2021 hrntsm / Built with

Gatsby